THE VIBE TO SURVIVE

ヴァイ(オリン)部?


アントン・チェーホフの短編『ロスチャイルドのバイオリン』

見開き左側にチェーホフの短編、右側にイリーナ・ザトゥロフスカヤの絵が描かれた本。
40余点の絵画で再現されたチェーホフ珠玉の短篇世界
子供向きの絵とは言えない、その意味では世界でも稀な真正の大人の絵本と言える。
しかし、子供はより多くを感じ、受容するに違いない。
つまり素朴な感性を保つ人、8歳から80歳までの子供の為の絵本と言える。
ページを開けば名状し難い神韻を帯びた空間が広がり、バイオリンの旋律が嫋々と流れるのを聴くに違いない。

チェーホフは小説よりも戯曲のほうが有名なので、
彼の四大戯曲『かもめ』『三人姉妹』『ワーニャ伯父さん』『桜の園』は知ってるが
小説の作品名は一つも知らない。。。

_SL500_

ヤーコフは棺桶作りを生業としているが、この村の人々は皆長生きするため
商売は全く繁盛せず、かなり貧しい暮らしをしていた。
副業として彼はユダヤ人のオケでヴァイオリンを演奏もしていた。
しかし、そこのユダヤ人メンバーがどうにも好かない。
彼とのいざこざで、オケにも呼ばれなくなる。となるとさらに収入は減り、貧しさも増す。

そんな折、彼の妻が病で亡くなる。
彼はこの52年間、妻に何もしてあげることはなかった。
それを機に彼は過去を省みた。
人生は虚しく、何の満足も得られないまま過ぎ去ってしまった。
ひとつまみの嗅ぎたばこ程の値打ちもなく、無駄に終わってしまった。
この先は何もなく振り返ってみても、ぞっとするほど恐ろしい損失以外何もないのだ。
そして自分を見つめなおした。
なんの必要があってユダヤ人を脅し、いやというほど辱めたのだろうか?
人々はなぜ互いに生きる邪魔ばかりし合うのだろうか?
そのためにどれだけ損をすることだろうか?
どんなに虚しく恐ろしい人生の損失であることか!
もし憎しみや悪意がなかったら・・・
何かが変わった彼に今度は死が訪れる。しかし人生を損失ばかり、死ぬことに利益があると思う彼は死ぬことは全く怖くない。ただ1点気になるのは、ヴァイオリンである。自分が死んだらこのヴァイオリンはどうなるのか?
バイオリンを持って墓に入ることはできない
バイオリンは全く孤独に取り残されてしまう。


というわけで続きはどうぞこちらを。
残念ながら青空文庫にもこの作品は無かった。。


朗読を聴くというのもありかもしれません。
かなり良い感じの朗読です。
30分もないので通勤中やら、ベッドの中でどうぞ。

■朗読 チェーホフ『ロスチャイルドのバイオリン』




■歌劇『ロスチャイルドのバイオリン』

このチェーホフの作品は ヴェニアミーン・フレーイシュマンという
ショスタコーヴィチの愛弟子により歌劇作品として試みられた模様。
が彼は第二次大戦で死に、作品が完成されることはなかった。

でもそこはさすが師匠であるショスタコーヴィチ
ショスタコーヴィチは才能ある学生の死を惜しんで、攻略中のレニングラードからフレーイシュマンの自筆譜を救い出し、1943年から翌1944年にかけて、その補筆・完成とオーケストレーションの作業を進めて行った。ショスタコーヴィチは総譜に、完成の日付を1944年2月5日と記入している。その後にショスタコーヴィチは1968年、このオペラが出版・上演されるようにした。

Wikipedia
 
↓ヴァイオリン関連のブログ
にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ

初めて曲を聴いた時、これはいい!と思える曲もあれば、
そうじゃない曲もあります。一耳惚れじゃない場合も多々あります。

love7

今まで何度も聴いた曲なのに、何かがトリガーとなって突然好きになることが。
自己認識できるトリガーはないけど、久々に聴いてみたら良いと思えることもありますが
それはとりあえず省くとすると、

僕の場合は主に3つのパターン。

1.生で聴く(自分で演奏する)
2.物語が付随する
3.自分が好きな人がその曲を好きだと知る

 
特に2が多いです。
映画や小説と絡んだり、作曲者・演奏者本人や作曲の経緯を知ったり、
自分自身のとある体験と紐付いたり、などなど。

3は色恋が多いですかね。気になる女性が好きな曲。
あとは尊敬する人が好きな曲とか。

今回、Janine Jansenの演奏を生で聴いて、
サン=サーンス:序奏とロンド・カプリチョーソOp.28 が好きになりました。
これは1(+3)ですかね。
いちお頻繁に聴くプレイリストに入ってる曲でしたが、
有名だからとりあえず入っている聴いてるって程度でした。
 
んで今回生で2回聴いて、特にこの部分にやられました。
4分33秒〜からの重音部分。
生で聴いた時に、もうこの重音が美しくてかっちょよくて。



これって曲ってことに限らないですね。
何かを好きになる時ってのはジャンル関係なく似ているのだろう。
人だろうとモノだろうと。

会って話してみたら、好きになった。セックスしたら好きになった、とか。。
一緒に困難を克服したら(物語の発生&共有)、好きになった、とか。
自分と仲良しの誰かが「あの人気になる 」と言ってから、自分も気になり始める、とか。


↓ヴァイオリン関連のブログ
にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ

ついにお別れの時が。。

今日は最後のリサイタル。
19時青葉台とか間に合うか微妙だったけど、ギリギリ間に合った。

■曲目
ベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ第5番ヘ長調Op.24「春」
ドビュッシー:ヴァイオリン・ソナタ ト短調
フランク:ヴァイオリン・ソナタ イ長調
サン=サーンス:序奏とロンド・カプリチョーソOp.28 

& 
 jansen1130

終演後のサイン会。撮影OKだった。
ヴァイオリンやってる少女はツーショットを許された模様。
ドレスの裾の方は、炎が燃え上がってる風のデザインでした。
右側の男性のネクタイのデザインは謎です。アニメ?
jansen11302




そして昨日の渋谷タワレコでのインストアライブも行ったのでした。
無料だけど、このライヴが一番良かった。
なんていっても、2m位前で演奏聴けたし。
Janine Jansen もピアニストのItamar Golanも、なんとなく肩の力が抜けて、
リハと本番の中間位の雰囲気って感じで笑顔も多かったし。
 彼女自身インストアライブみたいのが、ほとんど経験ないとのことで、
ウキウキワクワクだったらしい。

美しすぎるヴァイオリニスト 

と評されてるんだけど、画像や動画で見た限り、確かに美人だけど「すぎる」って表現は
「すぎる」だろと思いきや、本物を間近でみたら美人すぎた!!

Itamar Golanも小さくてかわいい。(男性)
彼のピアノ演奏、僕が好きなタイプでした。
そしてかわいい。2回書く。
サイン会の時、若い女子がItamar Golanに手を振って、
それに照れながら応じていた。それを見たJansenは笑ってた。
スタッフには突っ込まれていた。「まったくもー」みたいな感じで。
その瞬間を動画に収めたが、彼の名誉のため公開はしないでおこう。
なにせ彼はかわいい。3回書く。
jansenが高身長で彼は低身長だから、余計にかわいい。4回書く。


インストアライブでは
・サン=サーンス:序奏とロンド・カプリチョーソOp.28 
 ・フォーレ 夢のあとに
・(多分)プロコフィエフ ヴァイオリンソナタ第1番  第2楽章 

 
ちなみに僕はサインをもらってませんけど
彼女のサイン、これまた字がかわいいんだ。
僕は字フェチなんです。。


※プログラムに印刷されたやつです。
jansen11303


こうなったらアイスランド(Olafur Arnalds)→オランダの音楽鑑賞旅行を企むしかあるまい。


彼女と僕はおそらく身長がほぼ同じ。170後半。※歳も一緒。丁度2ヶ月違い
手の長さもおそらく似たり寄ったり。ちょい長め。
彼女は演奏時に右腕を伸ばしきることはない。
45度ぐらい余裕がある。やっぱそういうもんか。
手が長いとそうなる。


というわけで3回も演奏会に行ってしまいました。。

↓ヴァイオリン関連のブログ
にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ

世田谷なんてセレブだし、西側なんて物理的にも精神的にも思想的にも遠い!
なんて思ってらっしゃる都内東側の皆様、お待たせしました。
(わたくしも東側の人間です。なんて書くとコミュニストっぽいですかね?)

鈴木舞さんが江戸川区の教室にてレッスンを開始された模様。

島村楽器の下記2教室。
 ・ミュージックサロン篠崎 (都営新宿線篠崎駅南口より徒歩1分)
 ・ミュージックサロン小岩 (JR線「小岩駅」下車、南口より 徒歩2分)

篠崎では水曜日
小岩では木曜日

インタビュー記事も掲載されております。
2012-11-29 12 09 04
entry5_LikeButton550_001 いいね!entry5_LikeButton550_001

演奏動画も掲載
されてます!!



島村楽器ミュージックサロン小岩でレッスンをされている講師二人によるデュエット曲です。
先生方の素敵な演奏を是非お聞き下さい。曲名はドヴォルザークによる4つのロマンティックな小品の1です。無料体験レッスンも随時募集しております♪
11月30日までに入会すると入会金半額ですよ!!
Hurry Up!




関係無いですけど、コミュニストと言えばこの映画です。
至って真面目なドキュメンタリー映画です。

commusex_image





↓ヴァイオリン関連のブログ
にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ

ber

■ベルリン・フィル in 銀座
http://sonybuilding.jp/event/opus/bphm2012/


ソニービルの8Fでやってます。
最先端?の映像と音の技術を体験できます。
やっぱSONY。 なんだかんだでこの分野はSONY。
プログラムは下記の通り。全部でも13分。
①The introduction of concert experience in OPUS (約2分)
  OPUSでのコンサート体験イントロダクションムービー
②Sound Experience (約5分)
  ソニーの技術を駆使し、ベルリン・フィルハーモニーで録音した音源をお届けします。
③Sound and Visual Experience (約6分)
  リヒャルト・ワーグナー作曲の「ワルキューレの騎行」
  4K/60pの迫力ある映像に加え、DSD録音再生*2による音声で上映します。 
②の演目が書かれていませんが、
11月26日〜12月9日は五嶋みどりのメンコン。
12月10日〜12月22日はジョシュア・ベルのチャイコンです。

③は4chなので結構な迫力で臨場感ある音でした。
でも音以上に僕は映像の鮮明さに驚いた。この大画面でこの解像度はやばすぎる。
映像なら目視よりもカメラを通した方が数段上。自分の目よりカメラの方が明らかに優秀。
生はもちろんいいだろうが、後ろの方の席なら、この映像と音の方が全然いいと思えてしまうかもしれない。
近い将来このクオリティの映像と音が、普通の家庭にも入り込むのだろうな。



これに行くと、
DCH(Digital Consert Hall)の48時間限定無料体験クーポンが貰えます。

26)


本来は約10ユーロで売られている。
まだクーポンを使ってないのだが、48時間といっても細切れで使うことはできなさそう。
なので実質2日間ぶっ通しで観れば48時間利用可能。

あえてこの企画を観るために、銀座に行く程ではないかもしれませんが、
お近くに行く用事があれば、クーポンも貰えるし、15分足らずだし、
行ってみたらいいんじゃないかな。

ちなみにソニービルの1階にこの企画のチラシが置いてあります。
そのチラシがあるとプレゼント抽選に2回チャレンジできる(チラシがないと1回)ので、
チラシを持って8Fに行ってくださいね。

クーポンは年末年始までとっておこっと。
てかもう1回行って、もう一つクーポン貰ってこようかな。。


↓ヴァイオリン関連のブログ
にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ

初めてNHK交響楽団を鑑賞に。てかJanine Jansenが目当てだけど。
瞬きせずに彼女をガン見してたけど。

サントリーホールで一番安い席。まさにPの文字あたりの席。

ステージの後ろの席ってのも初。想像してたよりも良かった。
すぐ後ろなんすねこの席。距離的にはかなり近い。

16)

音的には若干小さく聴こえるんだろうとは思うけど。
打楽器は逆に大きく聞こえるけど。近いから。
シンバルに婆ちゃんがビビってた。寝てたのかも。。

普段とは違う視点で観られた。
まず普段は後ろにいる人達が目の前で観られる。
ティンパニーとか管楽器とか。

管楽器の人たちって演奏中に唾液を捨ててるんですね。
床に捨ててる?

楽譜も丸見え。
ハープの楽譜が太いマッキーで塗ったみたいに音符が連なってた。
 
仲良さ気な老夫婦が多かった。
夫婦かどうか知らないけど。愛人かもしれないけど。

今回のJanine Jansenは開始5分ぐらいで弓の毛が切れてました。
youtubeで観られる演奏だと2分ぐらい。記録更新ならず。
ブルッフの協奏曲を弾く時はお決まりなのか?

 というわけで
 00)

ミニライヴ&サイン会やっちゃうよ!!

もちろん行っちゃうよ!

日時:11月29日(木)19時~
場所:タワレコ渋谷店 7F『クラシックフロア』(観覧無料)
 
 詳細→ 
http://www.universal-music.co.jp/universal-classics/janine-jansen/news/2012/11/20121113news/ 


2枚も新アルバム出す模様。




↓ヴァイオリン関連のブログ
にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ

extrait_prova-d-orchestra_2

製作年/国 1978年/伊=西独
監督:フェデリコ・フェリーニ
 

オケに属している人には「あるあるネタ」で可笑しく見れるし、自らを省みる機会にもなるかも。
かなりデフォルメされてはいるだろうけど。。
そうじゃない人には全てがメタファーであらゆる組織・人間社会の縮図にも読み取れる。

冒頭の映像が出る前、往来の激しい交差点での色んな音が鳴り響く。
んでリハのTV取材インタビューと、オケの練習(指揮者からの駄目出し)で話が進んでいく。
自らの楽器(の役割)を我こそがさも一番で特别であるかのように話す団員。
楽器及びその役割説明をしているようで、実は己(の虚栄心)を語っている。

フェリーニ&ロータ コンビ最終作!
音楽の存在、崩壊、創造をめぐる本作が最後の作品になるとはなんという運命か…!


13世紀に建てられた礼拝堂。今日のオーケストラ・リハーサルは60名ほど。テレビの取材が入るため、老写譜師と集まった演奏者たちは、いくぶん陽気だ。老若男女、出身地もバラバラな者が集まっている。やがて指揮者があらわれた。昂揚するとドイツ語が混じる…指揮者だ。 リハーサルが開始…楽譜が間違えている。演奏者と指揮者の解釈が全く合わない。ラジオを聞きながら演奏している者もいる。ときおり礼拝堂の壁がグラグラと揺れるが誰も気にしない。徐々に熱くなってきた演奏者と指揮者たち。 20分の休憩をとろう――そこから混沌と破壊、創造が始まる――。
http://www.ivc-tokyo.co.jp/collection/title/5458.htm


モノリス?
指揮者に変わって巨大メトロノームが登場します。。。


56)


↓ヴァイオリン関連のブログ
にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ

このページのトップヘ