初めて曲を聴いた時、これはいい!と思える曲もあれば、
そうじゃない曲もあります。一耳惚れじゃない場合も多々あります。

love7

今まで何度も聴いた曲なのに、何かがトリガーとなって突然好きになることが。
自己認識できるトリガーはないけど、久々に聴いてみたら良いと思えることもありますが
それはとりあえず省くとすると、

僕の場合は主に3つのパターン。

1.生で聴く(自分で演奏する)
2.物語が付随する
3.自分が好きな人がその曲を好きだと知る

 
特に2が多いです。
映画や小説と絡んだり、作曲者・演奏者本人や作曲の経緯を知ったり、
自分自身のとある体験と紐付いたり、などなど。

3は色恋が多いですかね。気になる女性が好きな曲。
あとは尊敬する人が好きな曲とか。

今回、Janine Jansenの演奏を生で聴いて、
サン=サーンス:序奏とロンド・カプリチョーソOp.28 が好きになりました。
これは1(+3)ですかね。
いちお頻繁に聴くプレイリストに入ってる曲でしたが、
有名だからとりあえず入っている聴いてるって程度でした。
 
んで今回生で2回聴いて、特にこの部分にやられました。
4分33秒〜からの重音部分。
生で聴いた時に、もうこの重音が美しくてかっちょよくて。



これって曲ってことに限らないですね。
何かを好きになる時ってのはジャンル関係なく似ているのだろう。
人だろうとモノだろうと。

会って話してみたら、好きになった。セックスしたら好きになった、とか。。
一緒に困難を克服したら(物語の発生&共有)、好きになった、とか。
自分と仲良しの誰かが「あの人気になる 」と言ってから、自分も気になり始める、とか。


↓ヴァイオリン関連のブログ
にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ